【握力鍛えるならコレ】握力トレーニングにはCOCハンドグリッパー!!

暮らし

こんにちは、オッキです。

突然ですが、私の数少ない自慢と言えば握力が強いことなんです。

握力強くて得することはあまりないんですけど、昔から固い蓋とかは大体開けるコトができました。。。

ちなみに中学の時60kg、高校の時70kgありました。(成人男性の平均握力は45kgくらい)

最近、握力を久々に測定する機会があり、かなり落ちていたので、また少し鍛えたいなと思いはじめました。

下の画像のようなハンドグリッパーという握力を鍛える器具があるんですけど、普通のお店に売っているモノは固くても大体50kgくらいの強度のモノしか売ってないんですよね。

50kgくらいのハンドグリッパーだと簡単に閉じてしまうので、アメリカのアイアンマインド社が出している最強ハンドグリッパーCOC(キャプテンズ・オブ・クラッシュ・グリッパーズ)を購入することに決めました。

※握力を鍛えるメリットについてはこちらの記事で紹介しています。

※有名人の握力についてはこちらの記事で紹介しています。

最強ハンドグリッパーを買ってみた

COCを実際に購入しましたので、レビューしていきます。

デザイン

 

高級感があり、スタイリッシュなデザインでした。

手に取ると、ずっしりとした重みもあります。

さすがCOC、そこら辺の安物のハンドグリッパーとは比べ物になりませんね(*´▽`*)

あとCOCの刻印もしてあり、これがカッコイイです。

使用感

海外製ですが、握り幅は日本人の手のサイズでも苦にならず、非常に握りやすいです。

握った感じはグリップ部分が手に吸い付くような感じですかね。

メーカーによってはグリップ部分が滑りやすいハンドグリッパーもあるので、個人的には使いやすかったです。

ただ、グリップ部分に滑り止めのようなざらつきがあるので、もしかしたら手が痛いという方もいらっしゃるかもしれません。

強度


引用元:Wikipedia

COCのハンドグリッパーは、ユーザーのレベルに合わせて細かく強度が設定されてありますので、自分に合ったものを選ぶことが出来ます。

27kgのガイドから始まり上は130kgまであります。

こんなの閉じれる人いるんですかね・・・

私はNO.1.5(65~75kg)までは閉じれましたが、NO.2(73~88kg)は閉じれませんでした(/ω\)

因みに元ハンマー投げ選手の室伏さんはNO.3(約100~127kg)を閉じられるのだとか。

化け物ですねぇ。


固いハンドグリッパーを閉じるだけでも満足感は得られるのですが、やっぱり自分の握力はどのくらいなのか気になるものです。

私はそうでした(/ω\)

結局、握力計も合わせて購入してしまいました。

定期的に自分の握力を測定したり、たまに会社の同僚の握力も測定したりして楽しんでます。。。

下記は私が使ったことのある握力計です。

エヌフォース デジタル握力計

非常に安価な握力計です。

安いですが、堅牢で壊れにくく、測定精度も悪くありません。

握り幅も細かく調整出来て、しっかり握れます。

操作も簡単で手軽に使えるので、普段使いするには、申し分ない握力計です。


いわゆる高級握力計ですね(笑)

体育の授業や健康センターとかによくあるやつです。

価格も高いですが、やはり測定精度は高いです。

最初に紹介した握力計と比べると数値が若干厳しめ(低め)に出ます。

私の場合エヌフォースの握力計で70kg出した時、こちらでは63kgくらいしか出なかったです。

あと握る部分が若干滑りやすいですね。


※握力を鍛えるメリットについてはこちらの記事で紹介しています。
※有名人の握力についてはこちらの記事で紹介しています。

今回はCOCハンドグリッパーと握力計の紹介をしました。

余談ですが、握力を鍛えると認知症防止にもなるようです。

握力強化に興味ある方は是非COCハンドグリッパー試してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました